利用前に知っておきたい学生キャッシングの注意点

最近では専門学校生や大学生を対象にした学生キャッシングの利用者も増えています。社会人が利用できるキャッシングと異なり消費者金融 金利が低めになっていたり、借入限度額もそれほど大きくは取られていなかったりなどの違いはありますが、学生キャッシングも借金でありキャッシングの1つの形態です。簡単に申し込みができるとは言え、利用の前にはいくつか注意しておくべき点があります。
まず1番注意しておきたい点として、前述のように借金であるという意識を持つことが重要です。多くても50万円程度の限度額とは言え、人によってはアルバイトで稼ぐ1ヶ月の収入の何倍もの金額を手にいれることになります。そのため金銭感覚が狂ってしまい必要以上に使うことがないようにしましょう。
また借り入れをした場合にきちんと返済するという意識を持っておくことも必要です。つい学生同士の貸し借りのように返済日が少し遅れても大丈夫と考えてはいけません。ローンやキャッシングなどの返済状況というものは、個人信用情報として記録されることになっています。数日の返済遅れでもそれが何回も続くとそれが事故情報として記録され、今後ローンやクレジットカードを作る際に不利になってしまうことがあります。また最悪の場合、今あるローンの一括返済を命じてくるキャッシング業者もあります。
学生キャッシングは社会に出る前にお金のことについて考える良い材料になりますが、計画的に賢く利用するようにしましょう。

カードローン利率も安心ですジャパンネット銀行

10万借りる方法
カードローン利率はもちろん低ければ低いほどいいというのが皆さんの本音ではないでしょうか。いま利用している銀行口座にカードローン機能の付帯させている人は、面倒だからとそのままになっているかもしれませんが、いちど利率をみなおしてみてはいかがでしょうか。意外と高い利率で利用していた、ということに気づく方もいらっしゃるのではないでしょうか。
借り入れやキャッシングの利率が低いと今話題なのがネット銀行です。その中でもネット銀行がスタートしたときから利用者が多かったジャパンネット銀行は、低金利のキャッシングやローン商品が魅力となっています。
ジャパンネット銀行ではカードローンやおまとめローンを新規募集していないのですが、ネットキャッシングという同様の使いやすい商品があります。現在ジャパンネット銀行のカードローンを利用中の方は残高をそのままに切り替えることもできます。
ジャパンネット銀行の利率は借り入れ金額に応じた変動金利で、2.5%から18.0%となっています。一般的なカードローンはもちろんのこと、ネット銀行のなかでもこの金利はかなりの低金利と言ってしまってよいでしょう。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するためには、ジャパンネット銀行の普通預金口座も必要になります。同時申し込みもウェブサイトから行うことができます。自動融資機能もついていますので、借り入れだけでなくもしものときの安心材料として付帯させておくのもおすすめです。

関連記事

消費者金融の嫌がらせ

現在の消費者金融は貸金業法の改正以後、取り立て方法や宣伝方法、金利の上限など規制がかかるようになり、違反すると厳しく罰せられるようになっています。

過去には取立ての厳しさがニュースで報道され、廃業までに追い込まれたり、悪徳消費者金融として名前が上げられた金融業者がありました。

しかし、法律上の規制だけでなく、きびしいしい取り立てをすると、そのことがおおやけになり、社名が公表されると、新たな顧客獲得ができなくなるので法改正後は取り立て方法も細かく決められているため、穏やかな取り立てをするようになってきました。

貸金業法で違法な取り立てとなるのは、

○取り立てのさい、大人数でおしかけること。

○張り紙や落書き、その他どんな方法であってでも、債務者の借り入れに関す る事実やプライバシーに関することをあからさまにすること。

○債務者に対して正当な理由がないのに、午後9時から午前8時まで電話や電 報、訪問したりすることや、反復継続して、電話や電報、訪問したりするこ と。

○取り立ての際に暴力的な態度を取ることや勤務先を訪問して、債務者や保証 人んどを困惑させたり、不利益を被らせること。

これ以外にも多くの禁止事項が決められています。

しかし、気を付けなければならないのは、「ヤミ金」と呼ばれる業者はこれらの法律は無視して脅迫まがいの取り立てや嫌がらせを平気でしてくるので、キャッシングを申込むときは良く調べ、決してヤミ金業者には手を出さないような注意が必要です。

関連記事